選択・労働基準法06-2

選択・労働基準法 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第6章の2 第7章 第8章 第9章 第10章 第11章 第12章 第13章

(育児時間)

第67条 生後満 rks56G に達しない生児を育てる女性は、第34条の rks56H のほか、1日
 rks56I 各々少なくとも rks56J 、その生児を育てるための時間を請求することができる。
答えを見る
第67条 生後満1年に達しない生児を育てる女性は、第34条の休憩時間のほか、1日2回各々少なくとも30分、その生児を育てるための時間を請求することができる。

 
 
(昭和36年1月9日基収8996号) 法第67条は、1日の労働時間を8時間とする通常の勤務態様を予想し、その間に1日2回の育児時間の附与を義務づけるものであって、設問のごとく、1日の労働時間が4 時間以内であるような場合には、1日1回の育児時間の附与をもって足りる法意と解する。
答えを見る
(昭和36年1月9日基収8996号) 法第67条は、1日の労働時間を8時間とする通常の勤務態様を予想し、その間に1日2回の育児時間の附与を義務づけるものであって、設問のごとく、1日の労働時間が4時間以内であるような場合には、1日1回の育児時間の附与をもって足りる法意と解する。

 

 
○2 使用者は、前項の育児時間中は、その女性を使用してはならない。
答えを見る
○2 使用者は、前項の育児時間中は、その女性を使用してはならない。

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。