労働基準法(第9章-その他)rkh1006E

★● rkh1006E労働基準法の罰則は、行政上の目的を達成するために設けられたものであることから、これについては刑法総則の適用はない。
答えを見る
×不正解
 
労働基準法の罰則は、刑法9条にいう「」であることはいうまでもなく、したがって、犯罪の成立について刑法の一般原則によると同時に、科刑に当たっても刑法の一般原則が適用される
詳しく
(引用:コンメンタール13章)
 本章各条に規定するところは、刑法第9条にいう「刑」であることはいうまでもなく、したがって、犯罪の成立について刑法の一般原則によると同時に、科刑に当たっても刑法の一般原則が適用される
 rks45A労働基準法は、労働条件の最低基準を定めたものであるが、この最低基準を確保するために、まず第1に、取締法現として  A  

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

なし


トップへ戻る
テキストのコピーはできません。