労働基準法(第9章-その他)rkh2201B

★★ rkh2201B労働基準監督官は、労働基準法を施行するため必要があると認めるときは、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。
答えを見る
○正解
 労働基準監督官は、労働基準法を施行するため必要があると認めるときは、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる
詳しく
第104条の2 
 行政官庁は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、厚生労働省令で定めるところにより、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。
○2 労働基準監督官は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

rks6204B労働者は、労働基準法の施行に関して、労働基準監督官から要求があった場合には、遅滞なく必要な事項について報告しなければならない。○


トップへ戻る
テキストのコピーはできません。