労働基準法(第6章-妊産婦等)rkh1705E

★ rkh1705E労働基準法第65条第3項の規定に基づき、使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。この場合、使用者は、原則としてその女性が請求した業務に転換させなければならないが、新たに軽易な業務を創設して与えるまでの必要はない。
答えを見る
○正解
 法65条3項は原則として、妊娠中の女性が請求した業務に転換させる趣旨であるが、新たに軽易な業務を創設して与える義務まで課したものではない
詳しく
(昭和61年3月20日基発151号、婦発69号)
 法第65条第3項は原則として女性が請求した業務に転換させる趣旨であるが、新たに軽易な業務を創設して与える義務まで課したものではないこと。

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

なし


 
トップへ戻る
テキストのコピーはできません。