労働安全衛生法(第1章-総則)rkh1208E

★★ rkh1208E労働者は、労働災害を防止するため必要な事項を守るほか、事業者その他の関係者が実施する労働災害の防止に関する措置に協力するように努めなければならない。
答えを見る
○正解
 
「労働者」は、労働災害を防止するため必要な事項を守るほか、事業者その他の関係者が実施する労働災害の防止に関する措置に協力するように努めなければならない。
詳しく
 労働安全衛生法は、労働者に対しても義務を課しています。「全く義務を課していない」わけではありません。昭和55年において、ひっかけが出題されています。
第4条
 労働者は、労働災害を防止するため必要な事項を守るほか、事業者その他の関係者が実施する労働災害の防止に関する措置に協力するように努めなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働安全衛生法

関連問題

rks5509A 労働安全衛生法は、労働者を労働災害から守る法律であるから、労働者には全く義務を課していない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。