労働一般(第1章-2労働関係調整法)ris5301E

★★ ris5301E公務員については、そのすべてについて争議権を否定されているが、団結権については共通に認められている。
答えを見る
×不正解
 公務員についての労働基本権は、争議権はそのすべてにおいて認められていないが、団結権については、原則として、認められている。ただし、警察職員、消防職員、海上保安庁職員、自衛隊員、刑務所職員には労働三権のすべてが適用されない
詳しく

 警察職員、消防職員、海上保安庁職員、自衛隊員、刑務所職員には労働三権のすべてが適用されません。昭和53年、昭和45年において、ひっかけが出題されています。
国家公務員法98条、108条の2、108条の5他

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働一般

関連問題

ris4503D 警察職員、消防職員、自衛隊員等には、団結権は認められているが、団体交渉権、争議権は認められていない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。