雇用保険法(第1章-2被保険者)kyh3002E

★★ kyh3002E身体上若しくは精神上の理由又は世帯の事情により就業能力の限られている者、雇用されることが困難な者等に対して、就労又は技能の習得のために必要な機会及び便宜を与えて、その自立を助長することを目的とする社会福祉施設である授産施設の職員は、他の要件を満たす限り被保険者となる。
答えを見る
○正解
 「授産施設」は、身体上若しくは精神上の理由又は世帯の事情により就業能力の限られている者、雇用されることが困難な者等に対して、就労又は技能の習得のために必要な機会及び便宜を与えて、その自立を助長することを目的とする社会福祉施設であり、その「作業員(職員は除く)」は、原則として、被保険者とならない
詳しく
第4条 
○1 この法律において「被保険者」とは、適用事業に雇用される労働者であつて、第6条各号に掲げる者以外のものをいう。
(行政手引20351)
 授産施設は、身体上若しくは精神上の理由又は世帯の事情により就業能力の限られている者、雇用されることが困難な者等に対して、就労又は技能の習得のために必要な機会及び便宜を与えて、その自立を助長することを目的とする社会福祉施設であり、その作業員(職員は除く。)は、原則として、被保険者とならない

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 雇用保険法

関連問題

kyh0801C 生活保護法に基づく授産施設については、要保護者である作業員は、原則として被保険者とならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。