雇用保険法(第1章-2被保険者)kyh0103E

★ kyh0103E被保険者が、一の事業所を無断欠勤したまま他の事業主の下に再就職したため、同時に2以上の事業主の適用事業に雇用されることとなった場合には、新たな事業主との雇用関係についてのみ被保険者として取り扱われる。
答えを見る
×不正解
 被保険者が前事業所を無断欠勤したまま他の事業主の下に再就職したため、同時に2以上の事業主の適用事業に雇用されることとなった場合は、いずれの雇用関係について被保険者資格を認めるかを、「新たな事業主との雇用関係が主たるものであると認められるとき」には、後の事業主との雇用関係についてのみ被保険者として取り扱われる。
詳しく
(行政手引20352)
 被保険者が前事業所を無断欠勤したまま他の事業主の下に再就職したため、同時に2 以上の事業主の適用事業に雇用されることとなった場合は、いずれの雇用関係について被保険者資格を認めるかを上記に準じて判断し、新たな事業主との雇用関係が主たるものであると認められるときには、喪失日の確認が困難なことから、後の事業主の下に雇用されるに至った日の前日を前の事業主との雇用関係に係る離職日として取り扱う。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 雇用保険法

関連問題

なし

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。