健康保険法(第5章-7給付通則)kph3007A

★ kph3007A保険者は、被保険者の被扶養者が、正当な理由なしに療養に関する指示に従わないときは、当該被扶養者に係る保険給付の全部を行わないことができる。
答えを見る
×不正解
詳しく
 「一部」を行わないことができるです。平成30年において、ひっかけが出題されています。
122条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph3007A

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。