健康保険法(第3章-1標準報酬)kph2410A

★★★★★ kph2410Aこの法律において報酬とは、臨時に受けるもの等を除き、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるものであり、通勤手当は、自宅と勤務場所との往復にかかる交通費の実費弁償的な手当のため報酬には含まれない。
答えを見る
×不正解
 通勤手当は、報酬に含まれる。
詳しく
 たとえ、新幹線通勤に伴う高額な通勤手当であっても、労働の対償と受けるものは、報酬に含まれます。平成4年において、ひっかけが出題されています。
(昭和32年2月21日保文発1515号)
 定期券を購入して支給することは、被保険者が事業主から受ける利益の一部であり、金銭で支払われるもののほか現物で支払われるものも労働の対償となりうる。通勤費も生計費の重要な支出の一であり、出張旅費のごとき実費弁償的なものと異なる。
(昭和27年12月4日保文発7241号)​
​ 3箇月又は6箇月毎に支給される通勤手当は、支給の実態は原則として毎月の通勤に対し支給され、被保険者の通常の生活費の一部にあてられているから報酬とする。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1002D 通勤手当及び残業手当は、報酬に含まれない。×kph0408D 手当のうち新幹線通勤に伴う高額な通勤手当は、標準報酬の算定の基礎には含まれない。×kph0302A 通勤手当及び残業手当は、標準報酬の基礎となる報酬には算入されない。×kps4803B 被保険者が自己の所有する自動車で通勤するため、そのガソリン代を事業主が通勤費として負担している場合、その費用は報酬とみなされない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。