健康保険法(第5章-2医療給付)kph2002A

★ kph2002A自らの所得区分についてあらかじめ保険者の認定を受けた70歳未満の被保険者が、同一の月に同一の保険医療機関で入院療養を受け、その一部負担金等の額が著しく高額である場合であっても、高額療養費の現物給付が行われることはない。
答えを見る
×不正解
 70歳未満の者についても、70歳以上の者と同様に入院療養及び同一医療機関での外来療養に係る高額療養費について現物給付が導入されている。
詳しく
法115条、令43条1項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2002A自らの所得区分についてあらかじめ保険者の認定を受けた70歳未満の被保険者が、同一の月に同一の保険医療機関で入院療養を受け、その一部負担金等の額が著しく高額である場合であっても、高額療養費の現物給付が行われることはない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。