健康保険法(第6章-1日雇特例被保険者)kph1807D

kph1807D日雇特例被保険者の賞与に関する保険料は、1,000円未満を切り捨て40万円を上限とした額に、平均保険料率と介護保険料率とを合算した率を乗じて得た額を、被保険者と事業主が2分の1ずつ負担する。
答えを見る
○正解
日雇特例被保険者の賞与に関する保険料は、1,000円未満を切り捨て40万円を上限とした額に、原則として、平均保険料率と介護保険料率とを合算した率を乗じて得た額を、被保険者と事業主が2分の1ずつ負担する。
詳しく
法168条1項2号、法169条1項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1807D日雇特例被保険者の賞与に関する保険料は、1,000円未満を切り捨て40万円を上限とした額に、政府管掌健康保険の一般保険料率と介護保険料率とを合算した率を乗じて得た額を、被保険者と事業主が2分の1ずつ負担する。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。