健康保険法(第5章-7給付通則)kph1208D

★★ kph1208D保険優先の公費負担医療と健康保険が併用された場合、健康保険の一部負担金に相当する金額の範囲内で公費負担医療から支給される。
答えを見る
○正解
 保険優先の公費負担医療(感染症予防法による結核患者の通院医療、障害者総合支援法による精神障害の通院医療など)と健康保険が併用された場合、一部負担金に相当する金額以外が健康保険法から支給され、当該一部負担金相当金額の範囲内で公費負担が行われる。
詳しく
法55条3項、平成7年6月16日健医発787号、保発59号、庁保発25号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1208D保険優先の公費負担医療と健康保険が併用された場合、健康保険の一部負担金に相当する金額の範囲内で公費負担医療から支給される。○kps4910B 老人福祉法により老人医療費の公費負担がなされる場合の家族療養費の額は、療養に要する費用の額から当該公費負担に相当する額を差し引いた額の100分の70に相当する額である。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。