健康保険法(第3章-2費用の負担)kph1005D

★★★ kph1005D延滞金を計算する場合、徴収金額に1,000円未満の端数がある時にはその端数を切り捨てる。
答えを見る
○正解
 延滞金を計算するに当たり、徴収金額に1,000円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。
詳しく
 100円未満の端数ではありません。昭和63年において、ひっかけが出題されています。
法181条
◯3 延滞金を計算するに当たり、徴収金額に1,000円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kps6306E 徴収金額に100円未満の端数がある場合には、その端数を切り捨てて、延滞金を計算する。×kps6306C 納入の告知書1通の徴収金額が100円以上のものについて、延滞金を徴収する。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。