健康保険法(第3章-1標準報酬)kph0901C

★★★★★★★★★★★★★★★★★ kph0901C定時決定の基礎となる報酬月額は、毎年7月1日現に使用される事業所で同日前3か月間(その事業所において継続して使用される期間に限りかつ報酬支払の基礎となる日数が17日未満である月を除く。)に受けた報酬の総額をその期間の月数で割った額である。
答えを見る
○正解
 定時決定において、保険者等は、被保険者が毎年7月1日現に使用される事業所において同日前3月間(その事業所で継続して使用された期間に限るものとし、かつ、報酬支払基礎日数が17日未満である月があるときは、その月を除く)に受けた報酬の総額をその期間の月数で除して得た額を報酬月額として、標準報酬月額を決定する。
詳しく
 定時決定において、報酬支払基礎日数が17日未満の月は除かれます。平成26年、平成20年において、ひっかけが出題されています。
 定時決定は、年1回実施されます。年2回ではありません。昭和52年において、ひっかけが出題されています。
 「同日前3月間」は、その事業所で継続して使用された期間に限られます。昭和48年において、論点とされています。
第41条、則第24条の2
◯1 保険者等(厚生労働大臣又は健康保険組合)は、被保険者が毎年7月1日現に使用される事業所において同日前3月間(その事業所で継続して使用された期間に限るものとし、かつ、報酬支払の基礎となった日数が17日(4分の3基準を満たさない短時間労働者にあっては、11日。)未満である月があるときは、その月を除く。)に受けた報酬の総額をその期間の月数で除して得た額を報酬月額として、標準報酬月額を決定する。
(引用:解釈と運用41条)
 この3月間とは、7月1日現在使用されている事業場において継続して使用されていた期間でなければならない。たとえば4月までは他の事業所に使用され、5月1日に、7月1日現在において使用されている事業所に勤務したときは、5月、6月の2月間ということになる。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2603B4月に被保険者資格を取得した者の定時決定について、4月、5月、6月に受けた報酬の支払基礎となった日数がそれぞれ5日、16日、18日であった場合、5月と6月に受けた報酬の平均額をもってその年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定する。×kph2001A 定時決定時における標準報酬月額の算定方法について、継続した3か月のうち、報酬支払いの基礎となった日数が17日以上である月が1か月、15日以上17日未満である月が2か月である被保険者の場合は、報酬支払いの基礎となった日数が15日以上17日未満である月の報酬月額の平均により算出される。×kph0901C 定時決定の基礎となる報酬月額は、毎年8月1日現に使用される事業所で同日前3か月間(その事業所において継続して使用される期間に限りかつ報酬支払の基礎となる日数が20日未満である月を除く。)に受けた報酬の総額をその期間の月数で割った額である。○kph0503D 標準報酬の定時決定は、毎年7月1日現在の被保険者について、5月、6月、7月の3月間のうち報酬支払の基礎日数が20日未満の月がある場合は、当該20日未満の月を除いて報酬月額の平均額を算出し、その年の10月以降の標準報酬を決定するものである。×kph0406C 標準報酬の定時決定において、5月、6月、7月の3か月のうち報酬支払基礎日数が20日未満の月がある場合は、その月を除いて標準報酬が算定される。○kph0302C 定時決定において、報酬の支払いの基礎となった日数が5月は15日、6月は25日、7月は22日である場合は、6月と7月に受けた報酬の額を基に標準報酬が決定される。○kph0206C 標準報酬の定時決定において、5月、6月、7月の3か月のうち報酬支払基礎日数が20日未満の月がある場合は、その月を除いて標準報酬が算定される。○kps6001D 定時決定において、報酬の支払いの基礎となった日数が5月に18日、6月に23日、7月に20日である場合は、6月と7月に受けた報酬の額を基に標準報酬が決定される。○kps5802C 標準報酬の定時決定において、5月、6月、7月の3か月のうち報酬支払基礎日数が20日未満の月がある場合は、その月を除いて標準報酬が算定される。○kps5602D 定時決定において、報酬の支払の基礎となった日数が4月に22日、5月に15日、6月に13日、7月に18日である場合は、4月に受けた報酬の額を基に標準報酬が決定される。×kps5202D 標準報酬の定時決定は、毎年2月1日及び8月1日の2回行う。×kps5103E 定時決定に際し、報酬の支払の基礎となった日数が、それぞれ5月は19日、6月は25日、7月は17日である場合は、6月に受けた報酬を報酬月額として標準報酬を決定する。○kps4903A 報酬の支払の基礎となった日数が、それぞれ5月は25日、6月は10日、7月は15日であるときは、5月に受けた報酬を報酬月額として標準報酬を決定する。○kps4804C 5月まではA適用事業所に使用され、6月1日にB適用事務所に使用されて引き続き8月1日現在にその適用事業所に使用されている者の定時決定は、6月と7月の2箇月間に適用事業所から受けた報酬を基礎として行なう。○kps4502A 定時決定は、毎年5月から8月までの期間のうち、保険者が定めた日に行なう。×kps4502B 定時決定は、8月以前の月で、報酬支払基礎日数20日以上の月の3月平均を基礎として行なう。×kps4502D 定時決定は、昇給又はベースアップのあった月以後の継続した3月間に受けた報酬月額を平均した額を基礎として行なう。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。