健康保険法(第5章-6資格喪失後の給付)kph0805D

★★★★ kph0805D資格喪失後、継続して療養の給付を受けている者が、資格喪失後に発生した新たな疾病が原因で死亡した場合は、埋葬料の支給対象とはならない。
答えを見る
×不正解
 死亡に関してその原因は問われないため、資格喪失後に発生した傷病が原因で死亡した場合であっても、資格喪失後の埋葬料は支給される。
詳しく

 継続給付を受けている者が、交通事故で死亡した場合でも支給されます。

法105条1項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph0805D資格喪失後、継続して療養の給付を受けている者が、資格喪失後に発生した新たな疾病が原因で死亡した場合は、埋葬料の支給対象とはならない。×kph0607D 資格喪失後継続して療養の給付を受けている者が、資格喪失後に発生した新たな疾病が原因で死亡した場合、埋葬料は支給されない。×kph0405C 資格喪失後、継続して療養の給付を受けている者が、喪失後に発生した新たな疾病が原因で死亡した場合、埋葬料は支給されない。×kps5406C 結核で継続療養の給付を受けていた者が、不慮の事故により死亡した場合には、埋葬料又は埋葬費は支給されない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。