健康保険法(第3章-1標準報酬)koh2610A

★ koh2610A育児休業中で厚生年金保険料が免除されている者に対して賞与が支給された場合、当該賞与に係る厚生年金保険料は免除されるため、賞与支払届を提出する必要はない。
答えを見る
×不正解
 産前産後休業、育児休業中で保険料が免除されている者であっても、賞与支払届は提出しなければならない。
詳しく
則第27条
◯1 被保険者の賞与額に関する法第48条の規定による届出は、賞与を支払った日から5日以内に、様式第6号による健康保険被保険者賞与支払届を機構又は健康保険組合に提出することによって行うものとする。
厚生年金保険法則第19条の5
◯1 被保険者(船員被保険者を除く。)の賞与額に関する法第27条の規定による届出は、賞与を支払つた日から5日以内に、厚生年金保険被保険者賞与支払届(様式第九号の二)又は当該届書に記載すべき事項を記録した磁気ディスクを機構に提出することによつて行うものとする。この場合において、被保険者が同時に協会の管掌する健康保険の被保険者であることにより、健康保険法施行規則第27条の規定によつて届書又は磁気ディスクを提出するときは、これに併記又は記録して行うものとする。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

なし

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。