健康保険法(第3章-1標準報酬)koh2201C

★★ koh2201C賞与とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもののうち、3か月を超える期間ごとに受けるものをいう。
答えを見る
○正解
 健康保険法において「賞与」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもののうち3月を超える期間ごとに受けるものをいう。
詳しく
 賞与とは、3月を超える期間ごとに受けるものをいい、「4半期毎に受けるもの」をいうのではありません。平成29年において、ひっかけが出題されています。
第3条
◯6 この法律において「賞与」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、3月を超える期間ごとに受けるものをいう。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

koh2904A被保険者が労働の対償として毎年期日を定め四半期毎に受けるものは、いかなる名称であるかを問わず、厚生年金保険法における賞与とみなされる。×

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。