選択記述・労働一般rih21

rih21次の文中の     の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 日本国憲法第28条において、「勤労者の団結する権利及び  A  その他の  B  をする権利は、これを保障する。」と定められている。また、労働組合法第1条第2項には「刑法(明治40年法律第45号)第35条の規定は、  C    A  その他の行為であつて前項に掲げる目的を達成するためにした正当なものについて適用があるものとする。但し、いかなる場合においても、暴力の行使は、  C  の正当な行為と解釈されてはならない。」と定められている。

2 労働関係調整法第7条において、「この法律において  D  とは、同盟罷業、怠業、  E  その他労働関係の当事者が、その主張を貫徹することを目的として行ふ行為及びこれに対抗する行為であつて、業務の正常な運営を阻害するものをいふ。」と定められている。

①工場封鎖 ②個別交渉 ③作業所閉鎖 ④事業所封鎖 ⑤事務所閉門 ⑥示威行動 ⑦従業員組合 ⑧集団交渉 ⑨集団行動 ⑩職業組合 ⑪職種別組合 ⑫争議行為 ⑬大衆行動 ⑭対等交渉 ⑮団体交渉 ⑯団体行動 ⑰敵対行為 ⑱不当行為 ⑲労働組合 ⑳労働争議
答えを見る
A→⑮団体交渉(日本国憲法28条)
B→⑯団体行動(日本国憲法28条)
C→⑲労働組合(労働組合法1条2項)
D→⑫争議行為(労働関係調整法7条)
E→③作業所閉鎖(労働関係調整法7条)
詳しく
 

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働一般常識

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。