選択記述・労働一般rih13

rih13次の文中の     の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 経済の発展とともに、労務管理の手法も発展した。  A  は、仕事の内容と量を客観的に定める課業管理を進めた。そのためにストップウオッチを利用して、動作研究を行い標準作業量を設定し、達成した作業量に応じて賃率を変える出来高払い制を考案した。  A  の進めた生産管理の仕組みは今日、  B  と呼ばれている。

2 企業業績の悪化などから、  C  の削減に迫られた企業は、しばしば労働時間を減少させたり、労働者数を削減したりして、企業活動のための労働力投入量を極力減らそうとする。労働力投入量を減らす企業行動は、一般に、  D  と呼ばれており、不況期には数多くの企業で観察することができる。  C  の削減のために貸金カットをすることもある。失業者を減らすために、労働者1人当たりの労働時間を減少させることを通じてより多くの者で雇用機会を分かち合うことを、一般には  E  と呼んでいる。失業対策として法定労働時間の短縮を行うことは  E  の一例である。

①アウトソーシング ②アウトプレースメント ③解雇 ④科学的管理法 ⑤交際費 ⑥行動科学理論 ⑦雇用調整 ⑧雇用流動化 ⑨残業規制 ⑩人件費 ⑪大量生産方式 ⑫テーラー ⑬バーナード ⑭フォード ⑮付加価値 ⑯福利厚生費用 ⑰リエンジニアリング ⑱リッカート ⑲レイオフ ⑳ワークシェアリング
答えを見る
A→⑫テーラー
B→④科学的管理法
C→⑩人件費
D→⑦雇用調整
E→⑳ワークシェアリング
詳しく
 

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働一般常識

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。