国民年金法の目的条文

国民年金法

目的条文 国民年金法 

第1条
 国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活維持及び向上に寄与することを目的とする。kuh28AB
答えを見る
第1条
 国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活維持及び向上に寄与することを目的とする。
第2条
 
国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。
答えを見る
第2条
 
国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。

 過去1回出題されています。平成28(2016)年。

スポンサーリンク
トップへ戻る
テキストのコピーはできません。