労災保険法(第8章-不服申立て及び雑則等)rss5907B

★★★★★★★★★ rss5907B遺族補償年金前払一時金の支給を受ける権利は、労働者が死亡した日の翌日から起算して2年を経過したときは、時効によって消滅する。
答えを見る
○正解
 遺族(補償)年金前払一時金を受ける権利は、労働者が死亡した日の翌日から起算して2年を経過したときは、時効によって消滅する。
詳しく
附則第60条
○5 遺族補償年金前払一時金の支給を受ける権利は、2年を経過したときは、時効によつて消滅する。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労災保険法

関連問題

rsh1507E遺族補償年金前払一時金又は遺族年金前払一時金の支給を受ける権利は、5年を経過したときは、時効によって消滅する。×rsh1003C 遺族補償年金前払一時金の支給を受ける権利は、5年を経過するまでは、時効によって消滅することはない。×rsh0903B 遺族補償年金前払一時金を受ける権利は、労働者が死亡した日の翌日から5年を経過したときに、遺族補償一時金を受ける権利は労働者が死亡した日の翌日から2年を経過したときに、それぞれ時効によって消滅する。×rss5306A 昭和40年改正法附則第42条による一時金の支給決定請求権の消滅時効は2年である。○rss5007D前払一時金の支給を受ける権利は、遺族補償年金とともに、5年を経過したときに、時効によって消滅する。×rss4803C 遺族補償年金の前払一時金を請求する権利の時効期間は、前払一時金は年金とみなされるので、年金たる保険給付の時効期間と同じく5年である。×rss4706D 遺族補償年金のいわゆる前払一時金を受ける権利は、2年を経過したときに、時効によって消滅する。○rss4605C遺族補償金の前払一時金の支給を受ける権利は、労働者の死亡の日から5年を経過したときに時効消滅する。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。