労災保険法(第7章-特別加入)rsh1005B

★★★★★ rsh1005B中小事業主等の特別加入者に対して支給される休業特別支給金の算定基礎となる給付基礎日額についてもスライド制及び年齢階層別の最低・最高限度額の制度の適用がある。
答えを見る
×不正解
 特別加入者の給付基礎日額については、スライド制の適用は受けるが、年齢階層別の最低・最高限度額の適用はない
詳しく
第36条
○1 第33条第6号の団体又は同条第7号の事業主が、同条第6号又は第7号に掲げる者を、当該団体又は当該事業主がこの法律の施行地内において行う事業(事業の期間が予定される事業を除く。)についての保険関係に基づきこの保険による業務災害及び通勤災害に関する保険給付を受けることができる者とすることにつき申請をし、政府の承認があつたときは、第3章第1節から第3節まで及び第3章の2の規定の適用については、次に定めるところによる。
1 第33条第6号又は第7号に掲げる者は、当該事業に使用される労働者とみなす。
2 第34条第1項第2号の規定は第33条第6号又は第7号に掲げる者に係る業務災害に関する保険給付の事由について、同項第3号の規定は同条第6号又は第7号に掲げる者の給付基礎日額について準用する。この場合において、同項第2号中「当該事業」とあるのは、「第33条第6号又は第7号に規定する開発途上にある地域又はこの法律の施行地外の地域において行われる事業」と読み替えるものとする
3 第33条第6号又は第7号に掲げる者の事故が、徴収法第10条第2項第3号の2の第3種特別加入保険料が滞納されている期間中に生じたものであるときは、政府は、当該事故に係る保険給付の全部又は一部を行わないことができる。
則第46条の20 
○2 前項に規定する者に関し支給する休業補償給付又は休業給付の額の算定の基礎として用いる給付基礎日額の算定については、同項の給付基礎日額を法第8条の規定により給付基礎日額として算定した額とみなして法第8条の2第1項及び法第8条の5の規定の例による。
○3 第1項に規定する者に関し支給する年金たる保険給付又は障害補償一時金、遺族補償一時金、障害一時金若しくは遺族一時金の額の算定の基礎として用いる給付基礎日額の算定については、同項の給付基礎日額を法第8条の規定により給付基礎日額として算定した額とみなして法第8条の3第1項(法第8条の4において準用する場合を含む。)及び法第8条の5の規定の例による。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労災保険法

関連問題

rsh0801E 特別加入者に対して支給する年金たる保険給付の給付基礎日額については、年齢階層別の最低・最高限度額の制度の適用がある。×rsh0402D 特別加入者が、特別加入した保険関係に基づき遺族補償年金を受ける場合、当該年金に係る給付基礎日額についても、年齢階層別最低・最高限度額の制度が適用される。×rsh0206B特別加入者に対して支給する年金たる保険給付の給付基礎日額については、年齢階層別の最低・最高限度額の制度の適用がある。×rss5307B 給付基礎日額については最低保障額(2,185円)が定められているが、海外派遣者として特別加入した労働者についてはこの最低保障額の適用はない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。