労働基準法(第8章-就業規則・寄宿舎)rkh2501C

★★ rkh2501C派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。
答えを見る
○正解
 派遣労働者に関して、就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。
詳しく
(昭和61年6月6日基発333号)
 労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者であること。

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

rkh1406D派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。 ○


トップへ戻る
テキストのコピーはできません。