労働基準法(第4章-労働時間③)rkh0503B

★ rkh0503B労使協定による年次有給休暇の計画的付与として事業場全体の休業による一斉付与が行われる場合に、年次有給休暇の権利のない者を休業させるためには、その者に休業手当を支払わなければならない。
答えを見る
○正解
 事業場全体の休業による一斉付与の場合年次有給休暇の権利のない者を休業させれば、その者に、休業手当を支払わなければ法26条違反となる
詳しく
(昭和63年3月14日基発150号、婦発47号)
(問)
 事業場全体の休業による一斉付与の場合、年次有給休暇の権利のない者を休業させれば、その者に、休業手当を支払わねば労基法第26条違反となるか
(答)
 見解のとおり

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

なし


トップへ戻る
テキストのコピーはできません。