健康保険法(第3章-2費用の負担)kps6008C

★★★★★★★★★ kps6008C一般の被保険者の保険料は事業主と被保険者が2分の1ずつ負担するが、任意継続被保険者の保険料は全額被保険者負担である。
答えを見る
○正解
 任意継続被保険者は、保険料の全額を負担する
詳しく
法161条
◯1 被保険者及び被保険者を使用する事業主は、それぞれ保険料額の2分の1を負担する。ただし、任意継続被保険者は、その全額を負担する。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph0904C任意継続被保険者は、保険料の全額を自分で負担し、各月の保険料は翌月末日(初めて納付すべき保険料については、保険者が指定した日)までに納付しなければならない。×kph0509D 任意継続被保険者は、保険料の全額を自分で負担し、各月の保険料はその月の10日(初めて納付すべき保険料については保険者の指定する日)までに納付しなければならない。○kph0205A 任意継続被保険者は、保険料の全額を自分で負担し、各月の保険料を翌月末日までに自分で納付しなければならない。×kps5308C 保険料は、事業主と被保険者がそれぞれ2分の1ずつ負担するが、任意継続被保険者については、被保険者負担のうち5分の2が免除される。×kps4709C 任意継続被保険者は、保険料の全額を負担しなければならない。○kps4509D 〔政府管掌健康保険の保険料〕保険料は、事業主と被保険者が2分の1ずつを負担する。ただし、任意継続被保険者は、全額自己負担である。○kps4509E 〔政府管掌健康保険の保険料〕被保険者は、保険料の3分の1を負担し、残りは国と事業主との負担となる。×kps4404C 〔任意継続被保険者〕保険料は、全額を自分で納付しなければならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。