健康保険法(第5章-7給付通則)kps4810A

★★kps4810A過誤納となった保険料の還付請求権は、その保険料を納付した日の翌日から起算し、2年を経過したときは時効により消滅する。
答えを見る
○正解
過納又は誤納となった保険料の還付請求権の時効の起算日は、その保険料を納付した日(過納又は誤納となった日)の翌日である。
詳しく
法193条1項、昭和3年7月6日保発514号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph0910D保険料の還付を受ける権利の消滅時効の起算日は、その保険料を納付した日の翌日である。○kps4810A 過誤納となった保険料の還付請求権は、その保険料を納付した日の翌日から起算し、2年を経過したときは時効により消滅する。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。