健康保険法(第5章-5出産に関する現金給付)kps4505D

★ kps4505D被扶養者が出産した場合に配偶者出産育児一時金の支給を受けることができる者は、その被扶養者ではなく、被保険者本人である。
答えを見る
○正解
 家族出産育児一時金は被保険者に対して支給されるものであり、被扶養者に対して支給されるものではない。
詳しく
法114条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kps4505D被扶養者が分娩した場合に配偶者出産育児一時金の支給を受けることができる者は、その被扶養者ではなく、被保険者本人である。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。