健康保険法(第5章-2医療給付)kph3006A

★ kph3006A臓器移植を必要とする被保険者がレシピエント適応基準に該当し、海外渡航時に日本臓器移植ネットワークに登録している状態であり、かつ、当該被保険者が移植を必要とする臓器に係る、国内における待機状況を考慮すると、海外で移植を受けない限りは生命の維持が不可能となる恐れが高い場合には、海外において療養等を受けた場合に支給される療養費の支給要件である健康保険法第87条第1項に規定する「保険者がやむを得ないものと認めるとき」に該当する場合と判断できる。
答えを見る
○正解
詳しく
(平成29年12月22日保保発1222第2号)

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph3006A

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。