健康保険法(第2章-被保険者等)kph2708D

★★ kph2708D資格を取得する際に厚生労働大臣から被保険者資格証明書の交付を受けた被保険者に対して被保険者証が交付されたときは、当該資格証明書はその被保険者に係る適用事業所の事業主が回収し、破棄しなければならない。
答えを見る
×不正解
 
被保険者資格証明書の交付を受けた被保険者は、被保険者証の交付、返付若しくは再交付を受けたとき、又は被保険者資格証明書が有効期限に至ったときは、直ちに、被保険者資格証明書を事業主を経由して厚生労働大臣に返納しなければならない。
詳しく
 被保険者証の交付等を受けたときは、被保険者証資格証明書は、事業主を経由して厚生労働大臣に返納しなければなりません。事業主が回収し、破棄するのではありません。平成27年において、ひっかけが出題されています。
則第50条の2
◯3 被保険者資格証明書の交付を受けた被保険者は、被保険者証の交付、返付若しくは再交付を受けたとき、又は被保険者資格証明書が有効期限に至ったときは、直ちに、被保険者資格証明書を事業主を経由して厚生労働大臣に返納しなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2601C 被保険者資格証明書の交付を受けた全国健康保険協会が管掌する健康保険の一般被保険者が、被保険者証の交付、返付若しくは再交付を受けたとき、又は被保険者資格証明書が有効期限に至ったときは、直ちに、被保険者資格証明書を事業主を経由して厚生労働大臣に返納しなければならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。