健康保険法(第5章-2医療給付)kph26C

● kph26C次の文中の     の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

2 入院時生活療養費の額は、当該生活療養につき生活療養に要する平均的な費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該生活療養に要した費用の額を超えるときは、当該現に生活療養に要した費用の額)から、平均的な家計における食費及び光熱水費の状況並びに病院及び診療所における生活療養に要する費用について  C  に規定する食費の基準費用額及び居住費の基準費用額に相当する費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める額(所得の状況、病状の程度、治療の内容その他の事情をしん酌して厚生労働省令で定める者については別に定める額。以下「生活療養標準負担額」という。)を控除した額とする。

答えを見る
C→⑬介護保険法(健康保険法85条の2)
詳しく
法85条の2第2項、則62条の3、平成18年9月8日厚生労働省告示486号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

なし

 



other
サイキョウ社労士
トップへ戻る
テキストのコピーはできません。