健康保険法(第5章-3傷病に関する現金給付)kph2610E

★ kph2610E3歳に満たない子を養育する被保険者が、厚生年金保険法第26条に基づく標準報酬月額の特例の申出を行い、従前標準報酬月額が同法第43条第1項に規定する平均標準報酬額の計算の基礎とされた場合、健康保険法の傷病手当金に係る直近の継続した12月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額は、当該従前標準報酬月額に基づいて算出する。
答えを見る
×不正解
 厚生年金保険法における「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」は、年金額の算定におけるみなし措置であり、傷病手当金の額の算定においては適用されない。
詳しく
法99条1項他

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2610E3歳に満たない子を養育する被保険者が、厚生年金保険法第26条に基づく標準報酬月額の特例の申出を行い、従前標準報酬月額が同法第43条第1項に規定する平均標準報酬額の計算の基礎とされた場合、健康保険法の傷病手当金に係る標準報酬日額は、当該従前標準報酬月額に基づいて算出する。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。