健康保険法(第5章-2医療給付)kph2608B

★ kph2608B高額療養費支給申請書に記載する傷病名は、被保険者が正確な傷病名を知らないときは、症状程度であって、診療科の推定されるようなものであればよいこととされている。
答えを見る
○正解
 高額療養費支給申請書に記載させる傷病名は、正確なものでなく症状程度(例えば「腹痛、胸痛」等)であって、診療科の推定されるようなものであればよい。本人が申請書に記載するにあたって、正確な傷病名を知らない場合もあり、また、病名(例えば「がん」等)によっては本人、家族に知らせていない場合もあり得るからである。
詳しく
昭和48年11月7日保険発99号・庁保険発21号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2608B高額療養費支給申請書に記載する傷病名は、被保険者が正確な傷病名を知らないときは、症状程度であって、診療科の推定されるようなものであればよいこととされている。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。