健康保険法(第5章-2医療給付)kph2602E

★ kph2602E保険者は、災害その他の厚生労働省令で定める特別の事情があり、保険医療機関又は保険薬局に一部負担金を支払うことが困難であると認められる被保険者の被扶養者に係る家族療養費の給付割合について、健康保険法第110条第2項第1号に定める家族療養費の給付割合を超え100分の100以下の範囲内において保険者が定めた割合とする措置を採ることができる。
答えを見る
○正解
 災害その他の厚生労働省令で定める特別の事情がある被保険者であって、一部負担金を支払うことが困難であると認められる被保険者の被扶養者に係る家族療養費については、その支給割合を保険者が定めた割合とする措置を採ることができる。
詳しく

 災害等で被保険者の一部負担金が減免等の措置が採られているならば、家族療養費についても同様に特例が採られるということです。

法110条の2

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2602E保険者は、災害その他の厚生労働省令で定める特別の事情があり、保険医療機関又は保険薬局に一部負担金を支払うことが困難であると認められる被保険者の被扶養者に係る家族療養費の給付割合について、健康保険法第110条第2項第1号に定める家族療養費の給付割合を超え100分の100以下の範囲内において保険者が定めた割合とする措置を採ることができる。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。