健康保険法(第5章-4死亡に関する現金給付)kph2507E

★ kph2507E埋葬料について、被保険者が旅行中に船舶より転落して行方不明となり、なお死体の発見にいたらないが、当時の状況により死亡したものと認められる場合には、同行者の証明書等により死亡したものとして取り扱う。
答えを見る
○正解
 被保険者が旅行中に、船の甲板より転落して行方不明となり、死体は発見されないものの、当時の状況より死亡しているものと認めて、既にその家族は空埋葬を行った事実がある場合、同行者の証明書等により死亡したものと認め、埋葬料が支給される。
詳しく
昭和4年5月22日保理1705号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2507E埋葬料について、被保険者が旅行中に船舶より転落して行方不明となり、なお死体の発見にいたらないが、当時の状況により死亡したものと認められる場合には、同行者の証明書等により死亡したものとして取り扱う。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。