健康保険法(第5章-4死亡に関する現金給付)kph2507A

★ kph2507A埋葬を行う者とは、実際に埋葬を行った者をいうのであるから、被保険者が死亡し社葬を行った場合には、たとえその被保険者に配偶者がいたとしても、配偶者には埋葬料は支給されない。
答えを見る
×不正解
 埋葬料の支給における「埋葬を行う者」とは、埋葬の事実如何に関せず、社会通念上埋葬を行うべき者をいう。
詳しく
 現実に埋葬を行う者又は行った者をいうのではありません。平成25年において、ひっかけが出題されています。
法100条1項、昭和2年7月14日保理2788号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2507A埋葬を行う者とは、実際に埋葬を行った者をいうのであるから、被保険者が死亡し社葬を行った場合には、たとえその被保険者に配偶者がいたとしても、配偶者には埋葬料は支給されない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。