健康保険法(第2章-被保険者等)kph2505C

★★ kph2505C「被保険者と同一の世帯に属するもの」であることが被扶養者の要件となる場合、この者は、被保険者と住居及び家計を共同にする者をいい、同一戸籍内にあるか否かを問わず、被保険者が世帯主であることを必ずしも要しない。
答えを見る
○正解
 被扶養者の要件における「被保険者と同一の世帯に属する者」とは被保険者と住居及び家計を共同にする者をいう。したがって同一戸籍内にあること、及び被保険者が世帯主であることを必ずしも必要としない。
詳しく
 「被保険者と同一の世帯に属する者」とは「被保険者と住居及び家計を共同にする者」をいい、「世帯主である被保険者と住居及び家計を共同にする者」をいうのではありません。平成14年において、ひっかけが出題されています。
(昭和15年6月26日社発7号、昭和27年6月23日 保文発3533号)
 「被保険者と同一の世帯に属する者」とは被保険者と住居及び家計を共同にする者をいう。従って同一戸籍内にあることは必ずしも必要とせず、また、被保険者が必ずしも世帯主たる場合たることを必要としない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1409D 被扶養者とは、世帯主である被保険者と住居及び家計を共同にする者をいい、同一戸籍内にあるか否かを問わない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。