健康保険法(第3章-1標準報酬)kph2405A

★★★★★★★★★ kph2405A同時に2つ以上の事業所で報酬を受ける被保険者について報酬月額を算定する場合、各事業所について定時決定等の規定によって算定した額の合算額をその者の報酬月額とする。
答えを見る
○正解
 同時に2以上の事業所で使用される場合は、それぞれの事業所で受ける報酬の額を基礎として、定時決定等を行い、それにより算定した額の合算額をその者の「報酬月額」とする。そして、この報酬月額によりその者の「標準報酬月額」が決定される。
詳しく
 それぞれの事業所において「標準報酬月額」を決定し、その合計額をその者の標準報酬月額とするわけではありません。平成10年において、ひっかけが出題されています。
 「最も高額な報酬を受ける事業所の報酬」により報酬月額や標準報酬月額を算定するわけではありません。昭和60年、昭和52年において、ひっかけが出題されています。
 「2以上の事業所の報酬の合計がそのまま標準報酬月額となる」わけでもありません。平成12年において、ひっかけが出題されています。
第44条
◯3 同時に2以上の事業所で報酬を受ける被保険者について報酬月額を算定する場合においては、各事業所について、第41条第1項(定時決定)、第42条第1項(資格取得時決定)、第43条第1項(随時改定)、第43条の2第1項(育児休業等終了時改定)若しくは第43条の3第1項(産前産後休業終了時改定)又は第44条第1項(保険者等算定)の規定によって算定した額の合算額をその者の報酬月額とする。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1001B 複数の適用事業所に使用される被保険者の標準報酬月額は、それぞれの事業所から受ける報酬を基礎として事業所毎に算定した標準報酬月額の合計額とする。×kph0901B 同時に2以上の事業所に使用される場合は、それぞれの事業所から受ける報酬によって報酬月額を算定し、それぞれの報酬月額の合算額を基礎として標準報酬が決められる。○kph0701B 同時に2以上の事業所に使用される場合の標準報酬は、それぞれの事業所から受ける報酬によりそれぞれの報酬月額を算定し、その合算額を基礎として定められる。○kps6001C 2以上の健康保険の適用事業所から報酬を受ける者の報酬月額は、いずれか高い方の報酬の額に一定の率を乗じて計算された額である。×kps5702E 同時に2以上の事業所において報酬を受ける者の報酬月額は、それぞれの報酬について一定の方法によって算定した額を合算した額である。○kps5202E 2以上の事業所から報酬を受ける者の標準報酬は、その最も高額の報酬を受ける事業所の報酬により算定される。×koh1208E被保険者が同時に2以上の事業所に使用される場合における各事業主の負担すべき標準報酬月額に係る保険料の額は、各事業所が支払う報酬の合計を標準報酬月額とし、これに保険料率を乗じて得られた額に、各事業所が支払った報酬を報酬月額で按分した額を乗じ、それを被保険者と折半した額である。×koh0402D同時に2以上の事業所で報酬を受ける被保険者の標準報酬を決定する場合、各事業所について個々に算定した報酬月額の合算額により標準報酬を決定する。◯

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。