健康保険法(第3章-2費用の負担)kph2310A

★★ kph2310A全国健康保険協会が都道府県単位保険料率を変更しようとするときは、あらかじめ、運営委員会が当該変更に係る都道府県に所在する支部の支部長の意見を聴いたうえで、理事長に対しその変更について意見の申出を行う。
答えを見る
×不正解
 全国健康保険協会が都道府県単位保険料率を変更しようとするときは、あらかじめ理事長が当該変更に係る都道府県に所在する支部の支部長の意見を聴いた上で、運営委員会の議を経なければならない。
詳しく
法160条
◯6 協会が都道府県単位保険料率を変更しようとするときは、あらかじめ、理事長が当該変更に係る都道府県に所在する支部の支部長の意見を聴いた上で、運営委員会の議を経なければならない。
◯7 支部長は、前項の意見を求められた場合のほか、都道府県単位保険料率の変更が必要と認める場合には、あらかじめ、当該支部に設けられた評議会の意見を聴いた上で、理事長に対し、当該都道府県単位保険料率の変更について意見の申出を行うものとする。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kps5707A 政府管掌健康保険の保険料率は、保険給付の内容の改善又は診療報酬の改定を伴う場合に限って、1,000分の91までの範囲内で引き上げることができる。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。