健康保険法(第2章-被保険者等)kph2207E

★★★ kph2207E被保険者が被保険者資格の取得及び喪失について確認したいときは、いつでも保険者等にその確認を請求することができる。保険者等は、その請求があった場合において、その請求に係る事実がないと認めるときは、その請求を却下しなければならない。
答えを見る
○正解
 被保険者又は被保険者であった者は、いつでも、被保険者資格の取得及び喪失の確認を請求することができる。保険者等は、その請求があった場合において、その請求に係る事実がないと認めるときは、その請求を却下しなければならない。
詳しく
第51条
◯1 被保険者又は被保険者であった者は、いつでも、第39条第1項の規定による確認を請求することができる。
◯2 保険者等は、前項の規定による請求があった場合において、その請求に係る事実がないと認めるときは、その請求を却下しなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kps6302D 被保険者の資格の取得及び喪失の確認請求に係る事実がない場合、保険者はその請求を却下しなければならない。○kps5401C 被保険者は、保険者に対し直接被保険者の資格の取得及び喪失の確認の請求を行うことはできない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。