健康保険法(第2章-被保険者等)kph2006B

★★★★ kph2006B被保険者が死亡したとき、埋葬料又は埋葬に要した費用に相当する金額の支給を受けるべき者は、その申請の際、被保険者証を保険者に返納しなければならない。
答えを見る
○正解
 被保険者が死亡したとき、埋葬料又は埋葬に要した費用に相当する金額の支給を受けるべき者は、その申請の際被保険者証を保険者に返納しなければならない。ただし、埋葬料又は埋葬に要した費用に相当する金額の支給を受けるべき者がないときは、埋葬を行った者において被保険者証を返納しなければならない。
詳しく
 被保険者が死亡したときの被保険者証の返納は、埋葬料等の「申請の際」に行います。「死亡後5日以内」に返納するわけではありません。昭和61年において、ひっかけが出題されています。
則第51条
◯5 第1項の資格喪失の原因が死亡であるとき、又は前項の規定により被保険者証を提出すべき者が死亡したときは、埋葬料又は埋葬に要した費用に相当する金額の支給を受けるべき者は、その申請の際、被保険者証を保険者(全国健康保険協会又は健康保険組合)に返納しなければならない。ただし、埋葬料又は埋葬に要した費用に相当する金額の支給を受けるべき者がないときは、埋葬を行った者において被保険者証を返納しなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph0609E 被保険者が死亡したことにより埋葬料の支給を受けるべき者は、当該埋葬料の請求の際、被保険者証を都道府県知事又は健康保険組合に返納しなければならない。○kph0410B 任意継続被保険者が死亡した場合、埋葬料又は埋葬費の支給を受ける者は、その請求の際に被保険者証を保険者に返納しなければならない。○kps6109C 任意継続被保険者が死亡した場合は、埋葬料又は埋葬費の支給を受ける者が、その死亡後5日以内に被保険者証を保険者に返納しなければならない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。