健康保険法(第5章-7給付通則)kph2004E

★ kph2004E被保険者が、自己の故意の犯罪行為により、被扶養者にけがをさせた場合、被扶養者に対する治療は保険給付の対象とならない。
答えを見る
○正解
 被保険者が、自己の故意の犯罪行為により、給付事由を生じさせた場合、保険給付は行われないが、ここでいう「給付事由」には、被扶養者についての給付事由が含まれる。したがって、被保険者が被扶養者に対して給付事由を生じさせたときは、原則として、家族療養費等の保険給付の対象とはならない。
詳しく
法116条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2004E被保険者が、自己の故意の犯罪行為により、被扶養者にけがをさせた場合、被扶養者に対する治療は保険給付の対象とならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。