健康保険法(第6章-1日雇特例被保険者)kph1907D

kph1907D日雇特例被保険者の保険の保険者は、日雇特例被保険者に係る健康保険事業に要する費用に充てるため、保険料のほかに、日雇関係組合から日雇拠出金を徴収する。
答えを見る
○正解
厚生労働大臣は日雇特例被保険者に係る健康保険の事業に要する費用に充てるため、保険料を徴収するほか、毎年度、日雇特例被保険者を使用する事業主の設立する健康保険組合(「日雇関係組合」)から拠出金を徴収する。※日雇特例被保険者の保険料徴収と保険給付は全国健康保険協会が一元的に実施している。各健康保険組合は日雇特例被保険者に係る費用を日雇拠出金として納付することになっている。
詳しく
法173条1項

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1907D日雇特例被保険者の保険の保険者は、日雇特例被保険者に係る健康保険事業に要する費用に充てるため、保険料のほかに、日雇関係組合から日雇拠出金を徴収する。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。