健康保険法(第3章-2費用の負担)kph1703A

★★★● kph1703A任意継続被保険者又は特例退職被保険者が、将来の一定期間の保険料を前納しようとするときは、前納しようとする額を前納に係る期間の初月の前月末日までに払い込まなければならない。
答えを見る
○正解
 任意継続被保険者又は特例退職被保険者は、保険料を前納しようとするときは、前納しようとする額を前納に係る期間の初月の前月末日までに払い込まなければならない。
詳しく
kph22B次の文中の     の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め、完全な文章とせよ。

 任意継続被保険者は、保険料を前納しようとするときは、前納しようとする額を前納に係る期間の  B  までに払い込まなければならない。

 前納に係る期間の「初月の1日」までではありません。平成13年において、ひっかけが出題されています。
則第139条、附則3条6項
◯1 任意継続被保険者又は特例退職被保険者は、保険料を前納しようとするときは、前納しようとする額を前納に係る期間の初月の前月末日までに払い込まなければならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph2603A任意継続被保険者が保険料を前納する場合は、4月から9月まで若しくは10月から翌年3月までの6か月間又は4月から翌年3月までの12か月間を単位として行うものとなっているが、当該6か月又は12か月の間において、任意継続被保険者の資格を喪失することが明らかである者については、当該6か月間又は12か月間のうち、その資格を喪失する日の属する月の前月までの期間の保険料について前納を行うことができる。○kph1302B 任意継続被保険者は、4月から9月まで若しくは10月から翌年3月までの6月間又は4月から翌年3月までの12月間を単位として保険料を前納することができるが、保険料を前納しようとする場合は、前納しようとする額を前納に係る期間の初月の1日までに払い込まなければならない。×

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。