健康保険法(第7章-保健福祉事業、雑則等)kph1308B

★★★★kph1308B事業主が、正当な理由なしに、その使用する者の資格の取得及び喪失並びに報酬月額及び賞与額に関して義務づけられている届出をしなかったり、虚偽の届出をしたときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される。
答えを見る
○正解
事業主が、正当な理由がなく、被保険者の資格の得喪又は報酬月額及び賞与額に関する事項について保険者等に届出をせず、または虚偽の届出をしたときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。
詳しく
法208条1号

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1606D事業主が、正当な理由がなくて、被保険者の賞与額に関する事項を保険者に届出なかった場合は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。○kph1308B 事業主が、正当な理由なしに、その使用する者の資格の取得及び喪失並びに報酬月額及び賞与額に関して義務づけられている届出をしなかったり、虚偽の届出をしたときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される。○kph1010D 事業主が被保険者の異動又は報酬に関して虚偽の報告をした場合は、6ケ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる。○kps5208E 事業主が被保険者の異動又は報酬に関し、報告をせず又は虚偽の報告を行った場合には、懲役又は罰金に処せられる。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。