健康保険法(第7章-保健福祉事業、雑則等)kph1010E

kph1010E厚生労働大臣による保険給付に係る診療内容に関する質問に対し、被保険者が虚偽の答弁をした場合は30万円以下の罰金に処せられる。
答えを見る
○正解
保険給付を受けた被保険者又は被保険者であった者が、厚生労働大臣に報告を命ぜられ、正当な理由がなくてこれに従わず、又は職員の質問に対して、正当な理由がなくて答弁せず、若しくは虚偽の答弁をしたときは、30万円以下の罰金に処せられる。
詳しく
法210条

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kph1010E厚生労働大臣による保険給付に係る診療内容に関する質問に対し、被保険者が虚偽の答弁をした場合は20万円以下の罰金に処せられる。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。