健康保険法(第3章-2費用の負担)kph0903A

★● kph0903A任意継続被保険者は、一定期間の保険料を前納することができるが、前納された保険料は、前納期間の各月の初日が到来して初めてその月分の保険料が納入されたこととなる。
答えを見る
○正解
 前納された保険料は、前納に係る期間の各月の初日が到来したときに、それぞれその月の保険料が納付されたものとみなされる。
詳しく
kph22次の文中の     の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 任意継続被保険者は、将来の一定期間の保険料を前納することができる。前納された保険料については、前納に係る期間の  A  が到来したときに、それぞれその月の保険料が納付されたものとみなす。

 国民年金保険料の前納は「各月が経過した際」に納付されたものとみなされます。

法165条
◯3 第1項の規定により前納された保険料については、前納に係る期間の各月の初日が到来したときに、それぞれその月の保険料が納付されたものとみなす。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

なし

 

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。