健康保険法(第5章-2医療給付)kph0207B

★★★ kph0207B定期的な健康診断によって初めて結核症と決定された患者について、当該健康診断時のツベルクリン反応、血沈検査、X線検査等の費用は、保険給付の対象とはならない。
答えを見る
○正解
 定期健康診断により初めて結核症と決定された患者について、その健康診断時のツベルクリン反応、血沈検査、エックス線検査等の費用は保険給付の対象とならない。なお、健康診断の結果、保険医が特に治療を必要とすると認めたその後の診察については、療養の給付の対象となる。
詳しく
(昭和28年4月3日保険発59号)
 定期健康診断により初めて結核症と決定された患者について、その時のツベルクリン反応、血沈検査、エックス線検査等の費用は保険給付の対象とならない。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 健康保険法

関連問題

kps5104B 事業主が定期的に行う健康診断は、療養の給付の対象とされない。○kps4605A 会社において定期的に実施される健康診断は、療養の給付の対象とならない。○

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。