選択記述・労働基準法rks56

rks56次の文中の     の部分を適当な語句で埋め、労働基準法上正しい文章とせよ。

 使用者は、労働時間が  A  を超える場合においては少なくとも  B    C  を超える場合においては少なくとも  D    E  を労働時間の  F  に与えなければならない。

 生後満  G  に達しない生児を育てる女性は、労働基準法で定める  H  のほか、1日  I  各々少なくとも  J  の生児を育てるための時間を請求することができ、使用者は、その育児時間中は、その女性を使用してはならない。

答えを見る
A→6時間(労働基準法34条)
B→45分 (労働基準法34条)
C→8時間(労働基準法34条)
D→1時間(労働基準法34条)
E→休憩時間(労働基準法34条)
F→途中(労働基準法34条)
G→1年(労働基準法67条1項)
H→休憩時間(労働基準法67条1項)
I→2回(労働基準法67条1項)
J→30分(労働基準法67条1項)
詳しく
第34条
 
使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分8時間を超える場合においては少なくとも1時間休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
第67条
○1 生後満1年に達しない生児を育てる女性は、第34条の休憩時間のほか、一日2回各々少なくとも30分、その生児を育てるための時間を請求することができる。

次の問題へ

スポンサーリンク

前の問題へ 労働基準法

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。