労働基準法(第9章-その他)rkh1507C

★ rkh1507C労働基準法施行規則において、使用者は、労働者が就業中又は事業場若しくは事業の附属建設物内で負傷し、疾病にかかり、又は死亡した場合には、遅滞なく医師に診断させなければならない旨規定されている。
答えを見る
○正解
 労働者が就業中又は事業場若しくは事業の附属建設物内負傷し、疾病にかかり又は死亡した場合には、使用者は、遅滞なく医師に診断させなければならない
詳しく
則第37条
 労働者が就業中又は事業場若しくは事業の附属建設物内で負傷し、疾病にかかり又は死亡した場合には、使用者は、遅滞なく医師に診断させなければならない

 次の問題へ

スポンサーリンク

 前の問題へ 労働基準法

関連問題

なし


トップへ戻る
テキストのコピーはできません。